たのしーをつくる

RENOVATION

2019.12.09

BACK
初めて読む方はこちら

DIYレシピNo.11 [木材を積んでいるように見える棚編]

木材を積んでいるように見える棚

 

【カラーボックスDIY】木材を積んでる様に見える棚

 

【用意する工具と材料】
◇インパクトドライバー
◇タッカー
◇電動丸ノコ
◇丸ノコガイド
◇スケール
◇刷毛
●カラーボックス
●ベニヤ板
●垂木
●蝶番
●木用ネジ
●塗料

 

1.カラーボックスの大きさに合わせてベニヤ板をカットし、扉の土台を作ります。

 

2.垂木を2~4cmの厚さにランダムにカットし、扉に貼る木片を作ります。ベニヤと垂木のサイズに合わせ、木片の数を調整して下さい。動画では約200個の木片を作りました。

 

3.カラーボックスの側面と天板に貼る木材も垂木をカットして作ります。ボックスの奥行きを最短として、こちらもランダムにカットします。

 

 

4.カットした垂木の一部をお好みの塗料で塗ります。

 


5.扉になるベニヤ板に木片をボンドで貼り付けます。色やサイズがランダムになるように貼りましょう。

 

 

6.タッカーを使い、カラーボックスの両側面に垂木を固定します。こちらも凹凸が出る様に、ランダムに木材を貼りましょう。

 

 

7.扉に内側から蝶番を取り付けます。扉を開いた状態にしてネジ留めします。(マグネットキャッチを取付けると、もっと使いやすくなります。)

 

 

8.天板にも垂木を並べてタッカーで固定すれば完成!

 

薪木のような温かみのある棚が出来上がりました。
みなさんも是非挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

>>木材を積んでいるように見える棚編のレシピはこちらからダウンロードできます!<<